アクセサリー制作は購入者の反応を参考にする

アクセサリー制作をする人は、作家さんと呼ばれます。これまでの実績があり、熟練した技術を持つ人は、ネットショップやイベント、またオークションなどでも引っ張りだこ。また書籍の販売をしている人も少なくありません。
しかしながら、誰だって初めての時はあるはず。また経験が浅ければ、その出来栄えは必ずしも良いとは言えません。
最近では、アクセサリーのイベントに行くと、自分は作家と呼ばれていい気分という人も見かけます。必ずしも作品の良し悪しは関係なく。しかしながらアクセサリー制作をする場合は、いつだって謙虚に、そしてお客様の反応をしっかり見ながら行うことが重要だと考えます。
お客様が手に取ってくれること、そして購入してくれることが、自分の作品への評価になるのです。そのためその時には、その客様とコミュニケーションをとるチャンスでもあります。
作品をどう思ったか?どのようにしたらいいのか?ということを聞くと、アクセサリー制作のヒントになるのではないでしょうか。

アクセサリー制作に使うTピンについて

アクセサリー制作に使うTピンには、いろいろな太さがあります。
パーツ屋さんによって、サイズは多少変わってくるかもしれませんが、よく使われるのは「0.5」「0.6」「0.7」「0.8」の四種類です。
次に、アクセサリーごとに使われる太さを見ていきましょう。
「ピアス・ネックレス・ブレスレット」などの場合、0.6か0.7がよく使われます。
長さについては、アクセサリーの大きさで決めましょう。
例えば、コットンパールで最も小さいのは6ミリ玉ですが、これに0.5を使うと、抜けてしまうことがあります。
このような場合は、線径のサイズを上げるなりするとよいでしょう。
「穴の小さな天然石や繊細なチェーン」などの場合、0.5がよく使われます。
しかし、一旦通してみて太いなと思ったら、アーティスティックワイヤーを使ってメガネ留めをしてあげるとよいでしょう。
「バッグチャームやストラップ」などのように強度が必要な場合は、0.8以上のものを使うことをおすすめします。

手軽にアクセサリー制作をするコツ

アクセサリーは自分自身で制作をすると好みに合わせてデザインを決め、ファッションセンスを磨くこともできます。アクセサリーは既製品を購入すると価格が高くなりますが、自分自身で作るようにすると安くなって便利です。手軽に制作をする時は必要な道具を揃え、何度も繰り返して使うようにすると材料を購入するだけで複数のものを作れます。アクセサリーは構造を確かめると自分自身で制作ができ、周囲から注目されるようになるとモチベーションが上がるものです。

手軽にアクセサリー制作をするコツは自分なりにイメージし、材料を手軽に購入すると出費を減らせます。アクセサリーは服装や髪型などを考えて引き立つように決め、制作をする際にはモデルの着け方などを参考にすると便利です。アクセサリーは販売店でできあがったものを購入すると割高になるため、節約する方法として自作をするとファッションセンスを磨けます。制作の仕方は人それぞれですが、経験を通してコツをつかめるようにすると楽しいものです。